50万円キャッシングしたい時、どこの金融会社を選ぶか

MENU

50万円キャッシングしたい時、どこの金融会社を選ぶか

50万円のキャッシングをしたい時、利用する金融会社の選択は悩むところです。

 

50万円という借入れ金額は消費者金融を利用する場合、収入証明書提出の必要性の有無を決めるボーダーラインとなっています。50万円以下の借入れならば収入証明書は提出しなくても良い事になっているので、消費者金融で直ぐにお金を借りたい時には50万円を超えない借入れにする方が素早く申込み手続きをする事ができます。
初めて消費者金融でキャッシングをする場合には、ある程度の安定した収入があり属性の良い人ならば借入限度額は30万円〜50万円に設定して貰う事も可能なので、消費者金融を初めて利用する場合にも50万円をキャッシングする事は可能と言えます。

 

ただし消費者金融を利用する場合には総量規制の適用を受けるので、年収の1/3以下が借入れ可能金額となっています。50万円をキャッシングするには、150万円以上の年収が必要になります。

 

また銀行カードローンを利用するという方法もあります。50万円を借入れる時、銀行では総量規制の対象外となっているので、収入証明書の提出の必要が無いので即日借入れをしたい時にもスムーズに手続きを進める事ができます。
また年収の1/3を超える借入れも可能になります。
また銀行カードローンは消費者金融よりも低金利で借りる事ができますが、その分審査は厳しいという事です。

 

 

 

【50万円を借りたい時、選択できる金融機関】

 

借入れをしたお金を返済する時、各金融会社では返済率を独自に定めているので、その会社によって最小返済額は異なります。
それでも平均して3%程となっていますが、例えば50万円を14.6%で借りられる三菱東京UFJ銀行では毎月の最小返済額は10,000円となっています。
また消費者金融のアコムでは50万円の借入れの場合には18.0%の金利となります。その場合の最小返済額は15,000円となっています。
そして同じく大手消費者金融であるモビットでは金利は同じですが、最小返済額は13,000円になっています。消費者金融を利用する時に毎月の返済額を少なくしたい場合には最小返済額が少ない金融会社を選択すると良いです。ただしその場合には返済回数がそれだけ増えるという事になりますので、支払いのトータルも増える事になります。

 

 

〈アコムで50万円を借りた時の返済総額と利息〉

 

アコムで50万円を借りる時の最小返済額は15,000円である事は上記の通りですが、このように最小返済額で返済をして行く場合は、47回払いという事になります。支払いの総額は694,050円となりますので、利息は194,050円という事になります。
また返済期間を36回払いに短縮すると、毎月の返済額は18,076円と増えますが、支払いの総額は647,811円と減少します。
更に返済期間を24回払いにすると毎月の返済額は24,962円となり、支払いの総額を597,375円までに減らす事ができます。

 

 

 

【50万円の借入れでも返済は簡単ではない】

 

50万円という借入れ額は、安定した収入を毎月得ている人にとっては2か月分の収入にも満たない金額という事になるかも知れません。それでも給料やボーナスとして貰う50万円と、返済をするべき50万円とでは大きな違いがあります。
50万円を借りる時に返済方法を一括払いではなく、リボ払いにした場合には返済回数が多くなると利息もそれだけ余計に支払う事になります。

 

アコムで50万円を借りて1年間で返済をする場合には、毎月45,839円の返済をする必要があり、支払いの総額は549,312円となります。毎月の返済額も決して少ないとは言えない金額ですが、それでも1年間の利息のトータルは49,312円となります。元金に対して約10%の利息が付く事になりますので、決して安いとは言えません。
また毎月の返済額を減らすと前述のように支払い総額は増加の一途を辿る事になります。

 

50万円という金額を借りるならば、無利子で貸してくれる親族や知人等を頼ると良いのかも知れません。それでもきまずい思いをしたくないという時には、銀行カードローンや消費者金融でのキャッシングを利用するという方法を選択する事になるでしょう。